店舗型と出張型|疲れの蓄積を感じたら出張マッサージ!出先でも家でも利用可能!

店舗型と出張型

熱した石

店舗型と出張型、この二つのマッサージ店の経営形態を比べた場合、出張型のメリットは一体何なのでしょうか。

まず、店に行かなくてもいい、ということが出張マッサージのメリットとして挙げられます。
当たり前のことですが店舗型はそこに構えているので、店は移動はしません。
なので自分から足を運んでいかなければなりません。
この時に生じる手間であったり、移動費、移動時間がもったいないと感じる人もいるでしょう。
出張マッサージではあなたのいるところに来てくれるので移動する必要がありません。
エステティシャンの交通費というのは生じますが、区内一律というような料金システムなので、自分が移動する場合に生じるめんどくささを考えたらトントン、むしろ安く感じるのではないかな、と思います。

そして、なによりくつろげる、ということです。
店でマッサージを受けていても、周りに人がいることを考えたら落ち着けないという人もいるでしょう。
しかし、出張マッサージでは自宅やホテルというあなたが最大限落ち着ける空間での施術を受けることが出来るので、周りの目を気にする必要はありません。
多くの人がマッサージを受けている最中に気持ちよくなって寝てしまう、というのを聞きます。
そういう場合にも店舗型のお店であったら、時間がきたら容赦なく起こされて帰らされます。
出張型だと前払い制のところがほとんどなので、マッサージを受けて寝てしまってもそのまま休むことが出来ます。

店舗型よりも全然いいじゃん!でもそのぶん施術料金が高いのでは、と思う人もいるでしょう。
しかし出張マッサージだからといって、全ての値段設定が高いわけではありません。
普通の店舗型のマッサージ店と大差はないのでご安心ください。